生きてるだけでまるもうけ

つらい事もあるけれど生きてるだけでもラッキーなのです

物流系PMは物流知識だけ深めればいいか?それは間違い

物流の世界でPMをやろうとするなら、物流以外の知識もある程度必要。

自分のこれまでの経験で少しまとめようと思う。


1 製造系カイゼン
製造の工程の一つである物流にとって、製造工程の知識は流用できるものが数多くある。

JITカンバン方式、5S、セル方式などなど。
特に工程間の情報・製品のつなぎ方は学ぶところが多い。
ただし、物流の場合は『工程間事態をつくらない』という事も考えなければダメ。

 


2 サプライチェーン

物流は広義では『製造』に入る。
製造工程の事も知っておかないと行き詰る事が多い。

例えば、入庫時のアウターカートン、パレットの積みつけなどが変われば
物流作業が改善できると場合があるとする。
この時に前工程である製造工程の流れも頭に入っていると要請しやすい。

逆に、納品形態についても後工程が製造である場合
どのような納品の仕方をした方がいいかが想定できる。
結果、作業仕様を策定する際にスムーズに進む。

 

3 業界知識

物流は様々な業界の案件をこなす為、それぞれの業界知識は必要だ。
特に、その得意先をとりまく物流知識は得ておいた方がいい。
分かりやすい例がコンビニ業界。
店舗に入る物の流れは抑えておいた方がいい。
案件としてはPOPなどの販促物を扱う場合でも、食品、雑貨、煙草、酒、それぞの物の流れ
コピー周りのサプライ関係、スタッフが使う備品などなど。
それぞれがどのような経路をたどって店舗に入るか、を把握しておく必要がある。


4 チームマネージメント

物流はチームビジネス。
一人では仕事ができない。

だからこそ、チームのマネージメントについてのスキルは必須である。
各方面のスキルが高い人間が集まるので、各人の力を引き出す事
全員が100%ベストな工程を組む事は難しいので、納得感を持ってもらえるような進め方
チームのまとめかた、コーチングなどが必要である。

 

 

5 広義な意味でのプレゼン力

聴衆を前にかっこよく。という意味のプレゼンではなく
自分の考えを相手に正確に伝え、自分の意図に沿った結果を得る。
という意味のプレゼン力。

物流PMはとにかく説明が多い。
こっちの人の言い分をあっちの人に説明して了解をもらう。
こっちの人の言い分、あっちの人の言い分、全て統合して出した答えを全ての人に説明して了解をもらう。
など。

いくらすばらしい考えをもっていても、説明がちゃんとしていないと何もならない。
人に納得して動いてもらう為にはプレゼン力が必要なスキルである。


以上のスキルは最低限 、どんな物流PMでも必須のスキルである。

ご参考にしていただければ幸いである。

 

 

 

 

 

 

 

物流現場では困っている 『神エクセル』

一年前にこんな記事を書いた。

 

transistor-circus.hatenablog.com

 

 


この一年の間に、出荷指示の様子はかなり変わってきた。
システムから出力されるデータで指示を行う案件が増え
逆に、紙やPDFなど入力が必要とされる案件が減ってきた。

各企業がデジタルへの意識転換が進んできたのだと思うが弊害も増えてきた。
『デジタルデータであればいいだろう』という意識なのか『神エクセル』が増えてしまったのだ。
神の方が紙よりもマシ。
とはいえ、出荷指示データは本来物流側で手を入れるべきではない。
生のデータをシステムに取り込むのが本来だ。
データに手を入れる場合は別の専門作業で別途費用となるのが常識。

ここを理解せずに、『エクセルで出荷指示を入稿します』というワードだけで出荷指示を作成する企業が多い。

前置きが長くなったが、現場で何が起こっていて何がいけないのか?という点をまとめようと思う。


1 色はシステムでは読み取れない

黄色で塗りつぶしたセルのところだけ送ってくれ
赤字のところは不要
黄色は2倍の数を送る
など、色で指示を出してはいけない。
色の判別が付くのは人間だけ。システムは色の判別ができない。
エクセルでさえ、色でフィルターがかけられるようになったのは最近だ。


2 セル結合は悪以外の何者でもない
同じ言葉がずらっと並んでいると見づらい。
これを結合して一つに見えるようにすると確かに見やすい。
でも、見やすいのは人間だけ。
システムは結合されたセルを見分ける事ができない。
システムは、横一列を一つの注文と考える。
複数の注文にまたがるようなセル結合は、全く認識できない。

同じ言葉が並んで見づらい。と思うのは人間だけなので
システムのためには、同じ事をずらっと並べよう。

 

3 「隠した行」はシステムでは丸見え

発送したくないところの行は隠してしまう。所謂非表示である。
これが認識できるのは人間だけ。システムにおいては丸見え状態であり出荷対象となってしまう。

出荷してほしくないのであれば、行を削除してしまうか、出荷対象フラグを追加してフラグ管理する。

 

4 数字に見えても『文字』の場合がある

セルの書式によって、数字に見えても文字の場合がある。
また、よかれと思って『1個』単位を入れてしまったらそれは、数字ではなく文字。
ひらがな等と同じ文字として扱われてしまうため、システムからすれば何個送るの?という事になってしまう。

システムから見れば、いくつ必要なの?という問いに対して『赤がすき』という関係の無い返答をするように見えてしまう。


5 太字、大きな文字、斜体、全て意味が無い

忘れないように目立たせようと思って文字フォントを変える事があるが、
システムにとっては全て同じ文字。
意味が無いから止めた方がいい。


6 計算式はNG。全て値にする事

計算式で合計を出して、その数を出荷して欲しい。という出荷指示。
人間は数を認識できるしエクセル上でも問題ない。
が、システムでは判別ができない。
例えば
 1+2 = 3 
3個送って欲しいというつもりで上記の式を入れたとすると
システムは
 1+2
という文字としてしか認識しない。
いくつ送ればいいか永遠にわからない。


7 『備考』のようにフリーワードで指示されてもシステムは無視する

フリーワードで入力する項目を用意してそこに指示を書き込むような事は無意味。
機械は読み込んでも意味が把握できない。
フリーワードを認識して、正確な返答を行う事ができるのはAI。
そのAIでも、物流指示を正確に読み込んで作業に反映することなどはできない。
だから、フリーワードの項目自体、無意味なので削除されたし。

 

8 そもそも保存形式がダメ
.xlsxのようにエクセル形式で保存されているリストは『システム処理できない』と思っておいたほうがいい。
誰かがこの形式で保存したデータを出荷データにしようとしているのを見たら『CSV形式じゃないといけないのではないか?』をそっと教えてあげよう。
システム処理をするなら『.csv』。
でも、この形式で保存をすると上記のような『見栄え』のために使ったものは全て無かった事になるので注意。

ならどうすればいいか?
色もダメ、結合も、隠すのもダメ。ならどうやって伝えたい事を表現するのか?
全て『フラグ』で表現する。
例えば
 表示を隠して出荷対象から除外したいのならば
 行を一行追加して、出荷するデータは「1」出荷しないデータは「0」を入れる。
というように、全てフラグで表現する。
表現しなければならないものが多くて横に長いデータになってしまう。。。
という心配がるかもしれないが、システムは一度設定すれば自動なので気にする必要は無い。
それよりも、色などで表現される事の方がやっかい。

人間が見てわかりやすいデータは必ずしもシステムが読み込んでわかりやすいデータとは限らない。
逆に、人間が見て分かりやすいデータはシステムでは読み込めない。と思っておいて間違いはないだろう。


物流の現場では、出荷指示がデータに変わっていく事で本当に困っている。
データの扱いをちゃんと学んで正しいデータ形式で入稿すれば、
余計なコストがかからず結果的にコストダウンにつながるはずだ。

 

 

 

イヤフォンはコンプライで完成するといっても過言ではないと思う4つの理由

ここ10年ほどカナル型のイヤフォンを使っている。
不満はあるものの十分満足していたがコンプライを使ってみたら
世界が変わったので良かった点をまとめてみようと思う。

コンプライとは?


コンプライのイヤーピース

 

Comply(コンプライ) Tx-500 イヤーピース 3ペア Mサイズ ブラック HC19-50101-01

Comply(コンプライ) Tx-500 イヤーピース 3ペア Mサイズ ブラック HC19-50101-01

 

 ※購入の際には、イヤフォンによってサイズがあるので注意してほしい

 

通常カナル型のイヤフォンは薄いシリコンのイヤーピースを耳に突っ込む。
付属のイヤーピースでは、耳の穴の形にジャストフィットするとまではいかない。
対してコンプライのイヤーピースは、例えて言うなら低反発クッションのような素材で出来ており
最初に指でつぶして小さくしてから、耳に突っ込む。
時間が少し経つとイヤーピースが広がり、穴の形にジャストフィットしていく。
というようなもの。

耳の穴にぴったりする。

いいところ1 外部の音の遮断性

耳の穴にぴったりするので、隙間が無い。
そうすると、外部の音が入らず音楽を邪魔しない

 

いいところ2 音質向上

 

これは、想像になるが、シリコンのイヤーピースは音の振動が伝わって無駄が発生する。
コンプライは、音で振動しにくいので効率的に音を耳に伝えてくれる。
だから音質が格段に向上する。

据え置きのスピーカーが重かったり、カーオーディオのデッドニングのようにドアの隙間を埋めてドアの振動を抑え音質を向上する
という理屈と同様だと思う。

いいところ3 疲れにくい

 

これは完全に体感であるが、コンプライのイヤーピースは疲れにくい
耳の穴全体でイヤフォンの重量を支える事になるから、重量が分散するからではないかと思う

いいところ4 コードの衝突音が響きにくい

 

カナル型のイヤフォンはコードが体にあたると音が響いてしまう。
コンプライでも音はしないわけではないが、かなり軽減される。
歩きながら使う人にとってはありがたい。

 

以上4つだが、3,4つ目のいいところはカナル型イヤフォンの少ないデメリットをさらに無くすもの。
コンプライを使い始めてからは普通のイヤーピースは全く使う気になれなかった。
先日購入したzero audioも

 

 

transistor-circus.hatenablog.com

 

   


コンプライを注文してから届くまでの一晩付属のイヤーピースを使ってみたが
一晩でも耐えられなかった。


それほどに、コンプライのイヤーピースは秀逸で、全てのイヤフォンはコンプライを装着する事で完成すると言ってもいいと思っている。

※購入の際には、イヤフォンによってサイズがあるので注意してほしい

 

 

Comply(コンプライ) Tx-500 イヤーピース 3ペア Mサイズ ブラック HC19-50101-01

Comply(コンプライ) Tx-500 イヤーピース 3ペア Mサイズ ブラック HC19-50101-01

 

 いくつか形もある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車に乗る人は絶対つけた方がいい。ドラレコ

今、道路上で何が起こるかわからない。

変な言い方だが、『交通事故』はまだかわいい方。
事故の場合は法律も整備されているし保険もある。

怖いのがドライバー同士のトラブル。
因縁つけられて恫喝や暴力を振るわれるのが怖い。

そんな怖い人に因縁つけられた時にも役立つのがドラレコ

トラブルが発生しそうな時の対処とドラレコについてまとめようと思う。

 

何か良からぬことがおきそうになったら

 

まずは、ドアをロック。
何は無くともドアをロックする。

エンジンは切ってはいけない、なぜならドラレコが止まるから。

 

そして、窓を閉める。

 

一番いけないのは外にでてしまう事。
車を蹴られても、窓を殴られても。
さらにミラーを折られても。
外に出てはいけない。

どれだけ車を壊されても出てはいけない。

人の手でロックした車から乗っている人を降ろす事は不可能。
だから、車の中に引きこもるのが最善。

車を止められ降りてこられたらどうするか?

ここでドラレコの登場。
ドラレコを指差して存在をアピールする。

携帯で動画を撮る。という事でもいいのだが、
ドラレコの場合は『走っている最中も記録している事』を相手に分からせる事ができる。

完全に自分が悪い事をしていない。と思っている人は手荒な事はしない。から自分の身は安全。
怖いのは『自分が悪い事をしたけど文句をいってやろう!』と思っている人。
この人はドラレコを見ると、『記録してやがる。逆にこっちが悪い事がわかってしまう』と思って身を引く。

だから、ドラレコの存在をアピールする。

それでも、何か言ってきたら

 

少しだけ窓を開け話を聞く。

前回にすると手が入ってしまうから注意。少しだけ。

 

威圧的な態度で恐怖を感じたら

 

携帯動画&警察へ通報。

窓はそのまま。外には決して出ない。

警察に電話している事は大声で相手に聞こえるようにする。

逃げ出したら

動画を証拠に警察へ事情を説明。
後は警察に任せる。

 

車で攻撃してきたら

普通の人がここまでするとは思えないが、もし車で攻撃されたら
警察に状況を話してすぐに来てもらうしかない。
後は、クラクションを盛大に鳴らして回りにアピール。
車を降りたほうがいいかどうか、かなりの迷いどころ。
降りた生身を攻撃される可能性も出てきてしまう。

私の場合は、できる限り車に留まり隙を見て逃げたい。

 

ドラレコはこの時代必須

何が起こるかわからないから、付けておきたいドラレコ
じゃぁ、どんなのがいいの?と思われると思う。

駐車中のいたずらや気のきいた機能が不要で事故とトラブル対策に割り切って使うなら
安くていい。ついていればいい。

そして、前後カメラがついているこれがいいと思う。

 

以前購入したのはコレ

 

transistor-circus.hatenablog.com

 今在庫切れ。代替としはこれかと。

 

 

 

 

後ろのカメラはあったほうが安心できる。
災いの種は前だけにあるわけではないからだ。

ちなみに、私が購入した方はミニバンタイプでは後ろカメラのコードが足りない。
対策も過去記事にのせている。


最近ではこんなステッカーも売っている。

 

 

 

 

 

道路上では何が起こるかわからない時代。
自分で出来る限りの防御策を講じる事が必要になる。
悲しい事ではあるがこれが現実なのである。

 

 

ZERO AUDIOのイヤホンを購入 ~~ファーストインプレッション~

使っていた
JVC イヤホン JVC HA-FX33X-S

 

JVC XX HA-FX33X-S [シルバー]

JVC XX HA-FX33X-S [シルバー]

 

 

が、断線で壊れたので新しいのを購入。

今までヘッドフォンとイヤフォンはブランドを揃えていた(あまり意味はない)
今使っているヘッドホンのはこれ

 

 


なので、ソニーで探そうと思ったが、すぐ必要だったのと
これからの季節イヤホンの出番は少ないだろうというので
前から気になっていた安価イヤフォンを試す事に。

あまり考えず、いいかもこれ。

視聴もせずに半分勢いで購入したのがこれ

インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

 

 

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

ZERO AUDIO インナーイヤーステレオヘッドホン カルボ バッソ ZH-DX210-CB

 

 

1週間使用してみて感想をまとめようと思う。

全体的に

少し不満があるが、値段を考えるとかなり満足。
買って損は無いと思えた。

音質

低音がいい。
低音がいいと中高音が弱いイメージがあるが
中高音もいい。

全体的に音の立ち上がりが気持ちよく、はっきりした音でも薄い感じはしない。

外で使っているのでシビアに聞いたら不満もでるだろうが、雑音の中で聞く分には問題ない。

問題ない、というレベルではなくかなりいい。

見た目

安っぽさがない。
高級感も無いが、外につけていってもはずかしくは全く無い。

 

コード

細すぎる。
本体との接合部分が大丈夫か?ぐらいの細さ。
見た目に貧相ななけではないのが使うときに少し気を使う。

ただ、この値段ならば、と思って使えるから
この点は解消される。

ただし、絡まる。絡まりまくるのでこれは覚悟が必要。

 

 

装着感

軽いので変な違和感は無かった。
ただ、コードが細いせいか癖づかない。
体にあたって音が響く事がある。

クリップは必須。

 

 

 

イヤーピース

コンプライから切り替えたので、不満はある。
さらに、つける時にパリパリ音がでる。

つけた感じは悪くないが、コンプライに慣れるとつらい。
コンプライ到着待ち。

このイヤホンには200番が適合するらしい。

 

 

 

 

全体的に満足度高め。
もう少し高くてもいいとすら思った。

安価なイヤホンを探しているならかなりお勧め。

 

 

エスクァイア電動スライドドア異音 カタカタ音問題  ~解決編~

先日から気になっていること。

transistor-circus.hatenablog.com

ディーラーでちゃんとみてもらった。

が、
予約した日がちょうど台風前の大雨。
時間が無いので無理して行ったら失敗した。

雨でカタカタ音が聞こえない。異音聞こえない。

修理の方に乗っていただき、音を確認してもらうはずが、
雨の音で聞こえない事態が発生。

これは困った。
だが、そこはやはりプロ。
ドアに耳つけて確認していただけました。

ついでにハンドル

ハンドルを右か左にいっぱいきると、『カツン』という音がしていた。
ハンドルがかなり軽いので調子こいて回してしまい、
何かおかしなことになったのでは?と不安でこれも一緒にみてもらうことに

 

一時間ほどみてもらった

その日は見てもらうだけで次回修理、と思っていたが
修理まで終了した。というのでびっくりした。

また、『修理にはこのぐらいかかります』を覚悟していたが、『修理完了』で
無償でやってくれたんだなぁ。と思ってありがたかった。

【ちなみに】
こういう作業の方は、時間がそのまま売上。
基本的に一歩歩いても費用がかかる。
だから、一時間も作業してもらって無償だったのは感謝。

原因とやっていただいたこと

修理していただいた方に聞いてみた。

【スライドドアのカタカタ音】


ドアと車体が当るところの磨り減りとグリス不足。
その部分のグリスを塗ってもらった。

また、レールのローラーと車体があたるところもグリス。
こっちの音が主な原因だったよう。

これでまるっきりなくなった。

確認したのもの雨の日だったのでおそらく、無くなった。
今度の終末にもう一回確認する

【ハンドルカツン音】


これは、チルトレバーの戻し不足。
チルト調整してから、レバーがちゃんと戻りきれていなかった様子・・完全に自分の問題
チルトレバー戻して、一応グリス入れておきました。
と、さわやかに言われ、ありがとうございました。としか言えない。


というところで、無事に直った(と思われる)エスクアィア。

 

今回の教訓


何かおかしいなと思ったらメモする
音については録音しておく
ディーラーに持っていてみてもらうのがいい
感謝の気持ちを忘れない

 

 

エスクァイア電動スライドドア異音 カタカタ音問題

10月に入ってからエスクァイアの助手席側のスライドドアから『カタカタ』と音がするようになった。

状況


 ・道路の段差で音がなる
 ・停止時、段差がないところの走行は問題なし
 ・ドアの中で響いてる感じがする
 ・硬いものがこすれている感じもする
 ・カタカタ・コンコン、硬質な音

これが結構気になる

ドアの内部は空洞になっていて、そこがタイコ効果になってしまっているのか
かなり大きく響く。
(あまりよくないが・・)音量をかなり上げて音楽を聴きながら走っているがそれでも気になるほど。

タイコ効果・・・怖い。

 

素人検証

妻に運転させてドアに耳をつけて検証。
やはりドアの中から音がする感じがする。
ポケットや念のためトランク等の荷物について確認するも原因となっているものなし。

WEBでの原因調査

簡単にまとめてしまうと、ドアと車体の位置決めをする突起のグリス不足なよう。

ドアと車体は金属面で設置しているわけではない、
ドアの縁のゴムはふさいでいるだけで位置決めしているわけではない。

ドアと車体は硬いドア側のプラスチックのような突起をその形にへこんでいる車体の方に差し込んで位置を固定してる感じ。

そのプラスチックの部品とその周りのゴムが走行中の振動でこすれると音がなる、
通常はグリスなので滑らかにこすれるので音がしない。

という事のよう。
※あくまで素人的な憶測。

実際、その部品を見てみたが乾いていた。
運転席のドアは、、、見落としていた。
確認して比較する必要がある。

 

ではどうするか

自分でグリスを塗る、という事も考えたが
素材や気温の変化に対応する必要がある事を考えると適当なグリスを使う事が危険なので
ディーラーに持っていこうと思う。

今日は時間が無くていけなかった。

解決したらまた記事にしようと思う。